朝食はタンパク質を意識!サーファーのお手軽朝食ならこれ!

朝食 サーファー雑学

あなたは毎日、朝ご飯を食べていますか?

休日の朝、コンディション抜群の波の予感・・・

一刻も早く海に行きたい!!

 

その気持ち、すごくわかります。

「朝は時間に余裕がない」

きっと、海が好きなサーファーなら誰もが感じていることではないでしょうか?

 

でも、ちょっと待ってください!

少しでも早くビーチに到着して、より多くの波に乗ることはとても大事なことですが、その前にやるべき重要なことがあります。

十分にパフォーマンスを発揮し腕を磨いていくためには、入水前のコンディションを整えることが非常に重要です。

 

自然を相手にするサーフィン。

波乗りできる時間って貴重ですよね!

毎日サーフィンできる環境にない人なら尚更です。

だからこそ、いま一度コンディションを整える「朝食」を見直してみませんか?

朝食の3大効果

朝食は、なぜ必要なのでしょうか?

それには大きな3つの理由があります。

エネルギーを補給する

朝食には、寝ている間に消費した「エネルギーを補給する」役割があります。

パフォーマンスを発揮するためには、身体の中にエネルギーがあることが必要不可欠です。

エネルギーが蓄えられていない状態で運動をすると、身体を動かすために必要なブドウ糖が足りず、疲労を感じるのが早くなってしまうのです。

体温上昇を促して体内時計をリセットさせる

2つめは、「体温の上昇を促して、体内時計をリセットさせる」効果があります。

食事を摂ると、食べ物を消化・吸収するために胃腸が働き始めることによって体温が上昇します。

1日の食事の中でも、体温上昇の作用は朝がもっとも強く働くと言われています。

体温が上がると、身体を動かすための準備が整うということだね!

 

また、体温の上昇は免疫力の向上や代謝アップに繋がり、健康な身体を維持するうえでも多くの利点があります。

脳を活性化させ、集中力を高める

3つめは、「脳を活性化させて、集中力を高める」役割を果たします。

脳は睡眠中でも休むことなく活動を続けているため、起床時にはエネルギーが不足している状態です。

朝食によって脳の最大のエネルギー源となるブドウ糖が補給されることで、集中力が高まりパフォーマンスの向上につながります。

サーファーが朝食で意識すべきはタンパク質!

サーファーが朝食で意識したいのは、やはり筋肉づくりには欠かせない「タンパク質」ですよね!

タンパク質は、筋肉・骨・血液の材料となる重要な栄養素の1つです。

この回復の過程で重要な役割を担うのが、筋肉修復の原料となる「タンパク質」なのです。

タンパク質は、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などに多く含まれています。

睡眠中に多く分泌される成長ホルモンが、タンパク質を利用して体の修復を行っているため、朝は体内の水分やタンパク質が欠乏状態にあります。

それでは、朝時間がないサーファーにおすすめのお手軽朝食メニューを紹介します!

自炊派におすすめ!タンパク質が含まれるトーストメニュー3選!

普段あまり自炊をしなくても、すぐにできるおすすめスピードメニューをご紹介します。

もちろん、タンパク質もバッチリ補給できますよ!

チーズトースト

食パンの主原料である小麦粉は、炭水化物だけでなくタンパク質が豊富に含まれていることをご存知ですか?

そこにタンパク質を含むチーズを合わせた簡単スピードメニューです。

食パン(6枚切り)にとろけるチーズを乗せ、トースターで3分程度焼きます。

美味しそうに焼けたら完成です!

お好みでコショウをどうぞ。

これなら朝時間がないサーファーにもできるスピードメニューですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kaz (@kazstyle_001)

チーズエッグトースト

チーズトーストは食パンにピザ用チーズを乗せるてトースターで焼くだけの超簡単メニューですが、もう一手間欠けてもいいというあなたにおすすめなのが、チーズエッグトーストです。

もう一手間といっても、包丁を使ったり、火を使ったりしないのでお手軽です!

卵も一緒に取れるので、タンパク質は更に強化されます。

美味しいので、試してみる価値ありです。

サーフィン前の密かな楽しみになっちゃうかもしれませんね!

簡単な作り方は、こちらのインスタがわかりやすいのでどうぞ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ᴍᴏᴀɪ’ѕ ᴋɪᴛᴄʜᴇɴ もあいかすみ (@moaiskitchen)

納豆チーズトースト

最後は、納豆好きなあなたに!

こちらも食パンの上に、納豆とチーズを乗せて、トーストで焼くだけのクイックメニュー!

和風なので、お好みで刻み海苔をどうぞ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by vivian (@carlos_vivian)

それでもやっぱり”自分で作るのはな〜”という面倒くさがり屋のあなたには、コンビニでの調達がおすすめです。

手軽に買えるコンビニおにぎり!タンパク質を多く含む具材とは?

タンパク質が含まれる具材の代表的なコンビニおにぎりはこちら!

・納豆巻き
・紅鮭おにぎり
・辛子明太子
・ツナマヨネーズ

タンパク質が豊富な魚介類が多数ですね!

ちなみに、ツナマヨネーズは他の具材に比べると脂質が多いので、ビーチポイントまで距離がある時にチョイスするのがおすすめです!

コンビニおにぎりにプラスαでタンパク質を更にアップさせよう!

豊富な商品ラインナップが魅力のコンビニならではの、タンパク質補給をアップさせるためのサイドメニューをご紹介します。

是非、おにぎりと一緒にいかがですか?

ゆでたまご

卵には豊富に含まれるタンパク質はもちろん、多種多様な栄養素がバランスよく含まれています。

サラダチキン

高タンパク低糖質の代表格でもある鶏ムネ肉。

人気のサラダチキンは、食べやすくタンパク質アップにおすすめの一品です。

唐揚げ

レジ横のホットコーナーで目にする唐揚げは、タンパク質を主とする鶏肉で、おにぎりにもよく合うおかずですね!

油で揚げているので、食べ過ぎると脂質過多になるため注意が必要です。

また、消化に時間を要するので、サーフィンをするまでに時間の余裕がある時にチョイスするのがベターです。

朝食習慣がない人はどうしたらいいの?

バナナ

朝食を摂る習慣がない場合、いきなりいろいろと食べようというのはなかなか難しいですよね。

しかし、朝食を抜いてしまうのはパフォーマンスに影響を及ぼします。

そんな時には、朝食にバナナ1本を食べることから始めてみませんか?

バナナには、脳のエネルギー源となる「ブドウ糖」が多く含まれています。

また、体内に吸収される時間が異なる様々な糖質が含まれており、エネルギー補給が長時間持続する利点もあります。

まとめ

タンパク質は、サーファーにとって重要な筋力アップには欠かせない大事な栄養素です。

しかし、一度に吸収できる量には限りがあり、分解されなかったタンパク質は体外に排出されてしまいます。

効率よくタンパク質を補給するには、3食の食事で栄養素をバランスよく摂取し、足りない分はプロテインなどを活用して適切なタイミングで補うことが大切です。

是非、意識していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました