サーフミュージック(洋楽)の絶対聴くべき曲8選

サーフミュージック

サーフィンライフを盛り上げる外せない要素の一つ。

そう音楽です!

サーフミュージックというカテゴリーがあるように、サーファーが好んで聴く音楽があります。

みなさんはサーフミュージックと聞いて、どんな音楽を思い浮かべますか?

私の考えるサーフミュージックの魅力は次の3つです。

・海を感じさせる
・リラックスできる
・サーフィンに行きたくなる

これら3つを満たす絶対に聴いて欲しい、サーフミュージックのオススメの洋楽を紹介します!

ホント、間違いないです!

是非、聴いてみて下さい!

サーフミュージックの洋楽8選

THE BEACH BOYS(ビーチボーイズ)

SURFER GIRL(アルバム ENDLESS SUMMERに収録)

 【歌詞の一部】
 作詞/作曲:Brian Wilson
 We could ride the surf together
 While our love would grow
 In my Woodie, I would take you
 Everywhere I go

個人的には、夕日と浜辺のサーファーガールをを想起させます。

とにかく美しいハーモニーがなんとも言えません。

I GET AROUND(アルバム ENDLESS SUMMERに収録

【歌詞の一部】
作詞/作曲:Brian Wilson

Around round get around
get around 
Yeah I get around round round I get around
I get around the town
I’m look for you
I’m making real good friends

クルマを転がして、グルグルと町を回りキミを探して、本当の友達になりたいんだと歌っています。

歌詞はともかく、メインボーカルの美しいファルセットと掛け合いのコーラスがたまりません

私は、この曲は海に向かう車中でよく聴いています。

気分が上がること間違いなしですね。

ちなみに、ビーチボーイズにとって、初の全米NO1ソングです。

2曲のみしか紹介していませんが、ビーチボーイズENDLESS SUMMERいうベストアルバムあれば、海に行くシーンで活躍すること間違いなし。

全曲捨て曲なしの、最高に心地よいハーモニーがあなたを包みます。

Jack Johnson(ジャック ジョンソン)

Bubble Toes(アルバム Brushfire Fairytaleに収録)

【歌詞の一部】
作詞/作曲:Jack Johnson
It’s as simple as something that nobody knows that

Her eyes are as big as her bubbly toes
On the feet of the queen of the hearts of the cards
And her feet are infested with tar balls and
La da da da da da

ジャックジョンソンは、言わずと知れたアコースティックギターをベースとするオーガニックサーフミュージック第一人者

若くして、プロサーファーとして契約を結ぶがサーフィン中の大怪我により、ギターに傾倒し、才能を爆発させました。

 

Bubble Toesは最初は静かにスローテンポな出だしで始まりますが、途中で急にテンポが上がり、曲調が変わります。

La da da da da daのコーラスの部分は、サーファー仲間で盛り上がったときに一緒に歌いたくなるような気分にさせます。

間違いなく、上がります!

gone(アルバム on and onに収録)

 【歌詞の一部】
作詞/作曲:Jack Johnson

Gone going gone everything gone give a damn
Gone be the birds when they don’t want to sing
Gone people all awkward with their things, gone

上記のフレーズは一度聴くと耳から離れません。
 
頭の中をずっとリフレインする感じで、つい口ずさんでしまうメロディーです。

アフターサーフにリラックスしたいときに聴きたい曲です。

また、Black Eyed Peasがヒップホップ風にリメイクした「Gone Going ft.Jack Johnson」も超イイ感じです。

ヒップホップ好きなら必聴でしょう! 

Good People(アルバム In Between Dreamsに収録)

 【歌詞の一部】
作詞/作曲:Jack Johnson

Where did all the good people go,
I’ve been changing channels I don’t see them
On the TV shows
Where did all the good people go,
We got heaps and heaps of what we sow

善人は一体どこに行ったんだろう?

テレビでも全く見かけないねと、皮肉っぽく歌ってます。

ただそれは、自分も含めてみんなに責任があるんだろうと言っているような気がします。

「他人は自分を映し出す鏡」とよく言われますが、自らに置き換えて、善い行いを日々していこうと思わせる曲です。

サーファーなら、他のサーファーへの挨拶や海の中での気配り、ビーチクリーンへの参加が身近なところでしょうか。

Donavon Frankenreiter(ドノヴァン・フランケンレイター)

It Don’t Matter(アルバム Donavon Frankenreiterに収録)

【歌詞の一部】
作詞/作曲:Donavon Frankenreiter  
Everyday people like you and me,

Just want to live naturally.
Time taught you and you taught me,
Nothin’ gonna get us down.
Can’t you see I said,

If it don’t matter to you
It don’t matter to me .no no no
If it don’t matter to you
It don’t matter to me.  

ドノヴァン・フランケンレイターはフリーサーファーで、サーフィンから得たインスピレーションで曲を作っているようです。

 

ちなみにフリーサーファーとはプロとしてスポンサー契約を結んでいるものの、技術を競い合うサーフィンのコンテストに出ることなく、自由気ままにサーフィンをしている人のこと。

要するに、広告塔になるだけで報酬をもらっているサーファーのことです。

そんなプロサーファーでありながら、独自の音楽性も持ち合わせており、ジャックジョンソンのプロデュースを受けて、メジャーデビューしています。

またこの曲はサーフミュージック(邦楽)の絶対聴くべき曲7選で紹介する平井大が「It don’t matter with Donavon Frankenreiter」でドノヴァンと一緒にカバーしています。

原曲に忠実に歌われており、こちらも秀逸です。

平井大の憂いのある声がなんとも素敵です。

Snow Patrol(スノウ・パトロール)

Chasing Cars(アルバム Eyes Openに収録)

【歌詞の一部】
作詞/作曲:Lightbody/Lightbody,Connolly,Simpson,Quinn,Wilson

If lay here
If I just lay here
Would you lie with me and just forget the world?
Forget what we’re told
Before we get too old
Show me a garden that’s bursting into life

なんとこの曲は、UKのラジオで21世紀に一番流された曲のようです。

僕が横になれば、君も横になってくれる?
そして、世界や常識なんて忘れようというラブソングです。

ホント、美しい曲ですね。

Taylor Swift(テイラー・スィウフト)

The Last Time feat. Gary Lightbody of Snow Patrol(アルバム REDに収録)

【歌詞の一部】
作詞/作曲:Taylor Swift,Gary Lightbody, Jacknife Lee

This is the last time I’m asking you this
Put my name at the top of your list
This is the last time I’m asking you why
You break my heart in the blink of an eye

This is the last timeのフレーズが耳に残ります。

恋人とついに別れる最期のときを歌った曲です。

なぜ、私の気持ちを踏みにじったのか、最期に教えて欲しいと繰り返し歌っています。

まとめ

サーフミュージックは、ライフスタイルとしてのサーフィンを盛り上げます!

厳密にはサーフミュージックとは言わないものもありますが、あまり深く考えずに
海を感じることの方が大事です。

是非、サーフィンに向かう道中に車の中で、また海上りのリラックスタイムに聴いてみて下さい。

気に入ったアーティストが見つかれば、アルバムごと聴いてみよう!

〜サーフミュージック洋楽8選〜
・SURFER GIRL
(THE BEACH BOYS)
・I GET AROUND
(THE BEACH BOYS)
・Bubble Toes(Jack Johnson)
・gone(Jack Johnson)
・Good People(Jack Johnson)
・It Don’t Matter
(Donavon Frankenreiter)
・Chasing Cars
Snow Patrol)
・The Last Time feat.Gary Lightbody of Snow Patrol
(Taylor Swift)

コメント

タイトルとURLをコピーしました