ヨガをサーフィン初心者がやるべき4つの理由とは?おすすめのヨガポーズも解説!

サーファーとヨガ ストレッチ

あなたはヨガを経験したことがありますか?

もし、経験がないのなら今すぐにでも始めるべきです。

なぜなら、あなたの能力を開花させる潜在意識へのアクセスを可能にするからです。

 

人間の意識の95%以上が潜在意識で占められているといわれています。

普段意識できている顕在意識は微々たるものなのです。

 

ヨガをすることで、潜在意識と繋がり未知なる能力を手に入れることができれば、サーフィンも格段にレベルアップすることは間違いありません。

 

実際にサーフィン上級者の中には、ヨガを行っている人がたくさんいます。

そこでこの記事では、ヨガをしてサーフィンが上達する理由と、おすすめのヨガポーズについて、詳しく解説していきます。

 

ヨガをするとサーフィンが上達する理由

では早速、ヨガをするとサーフィンが上達する理由について、詳しく見ていきましょう。

強い体幹を作れる

サーフィンをしている人ならわかると思いますが、波の上でバランスを崩さずに立ち上がるためには、強い体幹が必要になります。

また、立ち上がる時だけではなく、サーフボードを波の上で操るときにも体幹が必要になりますよね。

ヨガをすることで、インナーマッスルを鍛えることができるため、波の上でも動じない体を作り上げることができるのです。

体が柔らかくなる

ヨガというのは、呼吸をものスゴく大切にします。

深く呼吸をしながら、ゆっくりと様々なポーズを取っていくのです。

そのため、酸素が全身に行き渡り、体を柔らかくすることができます。

サーフィンに限らず、スポーツ全般は体の柔らかさが技術に直結してきます。

つまり、ヨガをして体を柔らかくすることができれば、海の上でもより柔軟に立ち回ることが可能になるのです。

また、サーフィンは、背中をのけぞらしたり、海に体を打ちつけられたりと、体に負担がかかります。

しかし、体を柔らかくしておけば、体の負担を軽減することができるため、安全にサーフィンを楽しむことができるのです。

集中力が上がる

ヨガというのは、1つ1つの動作をゆっくりと行います。

簡単そうに見えますが、集中力がないとポーズが乱れてしまったり、気が散ってしまったりします。

サーフィンにおいても、集中力は非常に大切になります。

・波を見極める力
・テイクオフをするタイミングを見極める力
・バランスを保つ力

などを形成しているのは、紛れもなく集中力です。

ヨガで集中力を養うことで、結果的にサーフィンの上達に繋げることができるのです。

リフレッシュ、疲労回復効果がある

先ほども解説したように、ヨガは呼吸をものスゴく大切にします。

正しい呼吸を行い、全身に酸素を行きわたらせることができれば、リフレッシュ効果を得る事ができるのです。

疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっていたりすると、海の上で思うようなパフォーマンスができなくなってしまう事がありますので、ヨガをしてハイパフォーマンスを発揮できる体を作ることが大切です。

 

サーフィンが上達するヨガのおすすめポーズとは?

続いて、サーフィンが上達するヨガのおすすめポーズについて、詳しく見ていきましょう。

板のポーズ

まずは板のポーズです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Odlo Japan (@odlo_japan) on

プランクボーズともいいます。

このポーズはヨガのことを知らなくても知っている人は多いのではないでしょうか。

ヨガの定番ポーズであり、マストポーズです!

具体的な手順は、

1:四つん這いになる

2:足をまっすぐに延ばし、つま先を立てる

3:体を両手と両つま先で支える

4:背中をまっすぐにする(腰が反らないように注意)

こうすることで、腹筋と体幹に働きかけることができるため、強い軸を作り上げることができるのです。

スフィンクスのポーズ

続いては、スフィンクスのポーズです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 無理せず理想体型&ヨガと音の癒しトレーナーnatsuki (@yogatuki39) on

具体的な手順は、

1.うつ伏せになる

2.両肘と手のひらを地面に着けたまま上半身をゆっくり反らす

こうすることで、腹部周りの臓器を刺激することができるため、ストレスを軽減し、疲労回復サーファーに多い腰痛の解消効果的です! 

杖のポーズ

更に、杖のポーズもおすすめです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𝐘𝐮𝐮𝐤𝐚/ヨガインストラクター/川口 (@yuuka_yoga) on

このポーズは非常に簡単で、座った状態から骨盤を立て背筋と両足をピンと伸ばすだけです。

「そんなの簡単じゃん」

と思った人もいると思いますが、やってみるとかなり難しいことに気付くでしょう。

このポーズは、ウエストの引き締め太ももの筋力アップ姿勢改善にも有効です。

また、集中力アップにも効果的です。

意識しないとただ座っているだけになるので、注意が必要です。

ランジのポーズ

続いては、ランジのポーズです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by アーリアヨガスタジオ 熊本 (@aryanyoga) on

具体的な手順は、

1:クラウチングスタートの体勢を取る

2:片足を後ろに伸ばし、上体を上げる

3:下げた足と背中、頭が一直線になるようにする

このポーズを実際にやってみると、あることに気付くはずです。

そうです、サーフィンのテイクオフの姿勢によく似ているのです。

このポーズでは、下半身の柔軟性を高めることができますので、ケガ防止に役立ちます。

賢者のポーズ

そして、賢者のポーズもおすすめです。

こちらのインスタグラムでは非常に気持ち良さそうにヨガをされています。

これだけヨガができるとサーフィンも間違いなく上達します!

具体的な手順は、

1:四つん這いになる

2:両足を後ろに伸ばす

3:片方の手を離し、離した手の方向に体を向ける(右を離したら右を向く)

4:離した方の手を真上に持っていく

効果は、バランス力アップ冷え性の改善集中力アップ体幹の強化に有効です。

前屈みにならないように注意しましょう!

三日月のポーズ

最後は、三日月のポーズです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuka Nakahira ✺ヨガインストラクター (@yuka.nakahira1126) on

具体的な手順は、

1:四つん這いになる

2:地面に着いた両手の間に、片方の足を踏み出す

3:ゆっくりと息をしたまま背中を反らす

4:両手を真上に伸ばす

このポーズは、全身を引き締める効果や、骨盤矯正の効果に期待ができます。

ただ、無理をしてしまうとケガの原因になりますので、慎重に行うことをおすすめします。

まとめ

ヨガとサーフィンは、一見無関係のように見えます。

しかし、ヨガの呼吸法や、ヨガのポーズから得られる効果というのは、サーフィンの技術向上に繋がることがあるのです。

そのため、雨が降っている日や時間がなくて海に行けない日は、今回紹介したポーズを行い、サーフィンに必要な体幹やバランス力、呼吸法などを身に着ける努力をしてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました