サーフィンテイクオフの理論をわかりやすく解説!

サーファーのテイクオフ テクニック

テイクオフ成功に一番大切なことは何だと思いますか?

それは、波とシンクロすることです。

力は必要ありません。
むしろ力むと逆効果になります。

波のピークに、自分を合わせることが大切なのです。

タイミングがドンピシャであれば、パドリングはほとんど必要ない状態でテイクオフに成功します。

 

かく言う私もこれがわかっていなかった初心者の頃は、波を見ようともせずがむしゃらに岸に向かってパドリングしていました。

仮にたまたまタイミングが合って、テイクオフに成功してもただのまぐれです。

海で観察してみて下さい。
上手な人がどんなテイクオフをしているか。

簡単に3かきくらいで、軽~くパドリングしてテイクオフしていませんか?

すごく簡単そうにやっていますよね。

波にタイミングを合わせることで、波のパワーを利用してテイクオフしているのです。

これさえ頭に入れておけば、もう大丈夫!
テイクオフの半分は理解したようなものです。

あとは、基本動作を一つ一つ覚えておけば、テイクオフをマスターすることができます。

それでは、どうぞ!

 

基本動作

波のピークに合わせに行く

最初のうちは難しいと思いますが、波はじっと待っていてはダメです。

ピークの位置を何度も確認しながらパドリングし、ピークに自分を合わせに行く感覚を持って下さい。

乗れる波が見えれば、波が割れる5m手前からピークに向かってパドリングを開始しましょう。

さて、どうやってピークに向かうかです。

波待ちしている時に、沖から向かってくるウネリの最も盛り上がっている場所を探しましょう。

そこが波のピークになる可能性が高いです。

最初はよくわからないと思いますが、だんだんとわかってくるようになるはずです。

 

ボードを押さえ込む

みぞおちから肋骨でサーフボードにしっかり体重をかけ、パドリングします。
   
サーフボードが、どんどん進むはずです。

 

波をよく見る

後ろ側から迫ってくる波をとにかくよく見て、波が瀬り立つタイミングにパドリングを合わせます。

車のギアをイメージして下さい。

波が割れる5m手前から1速、2速と徐々に回転数を上げていきます。

波が割れる寸前に3速に持ってきて、しっかりかきます。

そして、目線は下に落とさず進行方向にしっかり向けて下さい。

 

サーフボードが滑り出す感覚を感じる

ここまでの動作が成功していれば、サーフボードが滑り出します。

この感覚はサーフィンをしたことのある者しかわからない、最高の瞬間です。
   
テールが持ち上がり、サーフボードが波に押される感覚を感じたら焦らず一呼吸おいて、スタンドアップに移ります。

   

両手は内側に向けて置く

両手の位置は、みぞおちのあたり(前過ぎず、後ろ過ぎず)で手の平は外側ではなく内側に向けて、サーフボードを下に押し込みます。
 
レールは掴んでしまうと、離すのにワンテンポ遅れバランスを崩すので、掴んではダメです。
 
  

そっと勢いよくスタンドアップ

前足を胸に引きつけるイメージが重要です。

前足の着地ポイントはプッシュアップしている手と手の間です。

毎回同じ場所に足を置けるように、何度も練習しましょう。

 

さて、ここまで学んできたことを頭に入れて、この動画を見てみて下さい。

テイクオフって簡単!というイメージができると思いますよ〜

 

これで基本動作は完璧ですね!

 

ここまで読んでくれた読者の方に、せっかくなので裏技を紹介します。

その名もパドリング・ロケットスタート!

覚えたらあなたのテイクオフの成功確率が格段に上がること間違いなしです。

 

パドリング・ロケットスタートとは?

裏技です。

基本的には、これまで学んだ基本動作を一つずつクリアしていけば、何の問題もありません。

ただ、裏技を覚えるとレベルが更に一段上がります。

その方法とは?

両足を使って、最初からパドリングを加速させるのです。

紹介されている動画をシェアしますので、チェックしてみて下さい。

まとめ

1.波のピークに合わせにいく
2.ボードを抑え込む
3.波をよく見る
4.サーフボードが滑り出す感覚を感じる
5.両手は内側に向けて置く
6.そっと勢いよくスタンドアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました