ドルフィンスルーのコツ

ドルフィンスルー テクニック

ドルフィンスルーって、難しいですよね?
私も苦手でした。

というより、苦手意識が先行して、プッシングスルーで超えられそうにない大きな波が来たときは、サーフボードから下りて対処していました。

そうです。

難しいというより、苦手意識が先行して、そもそもドルフィンスルーという行為をしていなかったのです。

やりもしないことを、本やネットで調べても上達するわけないですよね。

ドルフィンスルーに限らずですが、基本は習うより慣れろです。

私みたいに苦手意識を持たずに、下手でもいいから地道にドルフィンスルーをやっているとすぐにできるようになります。

 

例えば、今日はヒザモモサイズで必要ないかなーと思っても、「ドルフィンスルーを練習するぞ!」と決めて、とことんドルフィンしましょう。

ドルフィンデーをつくるんです。

初心者のうちに特に大事なことは、毎回テーマを決めて海に入ることです。

色々やらないといけないことはわかりますが、一気に全部やろうと思っても無理です。

一つずつ、クリアしながら積み上げていく方が、結果早く上達します。

なので、今できていなくても心配いりません。

それでは、ドルフィンスルーをマスターするためのコツを伝授しますよ~。

 

基本動作

パドリングでスピードをつける

まず覚えておいて欲しいのは、止まったままではドルフィンスルーは成功しないということです。

スピードを付けておくことで、サーフボードの推進力をロスせずに無駄なくドルフィンスルーに移ることができます。

 

まずノーズだけをゆっくり沈める

肘を伸ばして、腕に体重を乗せてサーフボードをゆっくり沈めます。

テイクオフの時につく手の位置より少しノーズ側を持つと沈みやすいです。

上手くサーフボードが沈むのをイメージし、決して力任せにならないように気をつけて下さい。

また一気にサーフボードは沈みません。
数秒かけて沈ませられるように早めに準備に取り掛かります。

 
それでもサーフボードがなかなか沈まないという方は、同時に沈ませるよりも、左から右(逆でもOK)に斜めにしてから沈ませるとより沈みやすいので、試してみて下さい。

腕だけで沈ませようとせず、全体重を腕に預けて少しずつ沈めていくイメージを持つことも大事です。

頭から潜る

ノーズがある程度沈んだら、自分も一緒に波に潜ります。

最初は小さい波で練習するといいです。
私は、サーフボードで波を下からすくうイメージでやっていました。
 
この時に、息を吐くのがポイントです。

水中に潜るのでできるだけ息を吸い込んでおきたくなりますが、ダメです。

なぜなら、自分の浮力が増すことになり沈みにくくなります。

よって、潜る前に息は吐いて、浮力を減らすことでより沈みやすくなります。

 

テールを沈める

デッキパッドのキック部分に利き足を引っ掛けて、思い切り蹴り込みます。

もう片方の足で上からくる波を下から蹴り上げると尚いいです。

この足がセンサーのような感じで、上からくる波を感じ取ればオーケーです。

 

サーフボードに体を密着させて潜る

顔から胸の順番で体をできるだけサーフボードに密着させて、上にある波に触れないようにし、波をやり過ごします。

 

浮上する

意識しなくても、自然とサーフボードはノーズから浮き上がります。

浮上したら、また涼しい顔をしてリズミカルにパドリングしましょう。
では、プロサーファー山中海輝さんのわかりやすい動画でイメトレをして下さい!

 

 

基本動作以外で大切なこと

サーフボードの浮力

サーフボードの適正浮力について、以前書きました。

わからない方は、見て欲しいのですが、そもそも浮力が自分の体重と比べて大きすぎる場合、ドルフィンスルーは難しいです。

上級者になってくるとコツがわかっているので、ロングボードでもドルフィンスルーをしたりする人はいます。 

こんな感じです。

畑雄二遊びの天才達さんの動画でした。
ロングボードでも、できるもんですね!

但し、いきなりロングボードからドルフィンスルーをマスターした訳ではありません。

浮力の少ないサーフボードでできるようになってから、浮力の大きいボードもでもできるようになったのです。
  

初心者の内は、ファンボードなど浮力の大きいサーフボードを使っているかもしれません。

そんなときは、ドルフィン練習用に浮力の小さいサーフボードを買ってもいいと思います。

実際私は、リサイクルショップで売っていた安くて浮力の小さいショートのサーフボードを購入し、最初のうちはドルフィンの練習をしていました。

  
自分はプッシングスルーでも沖に出れるような波でしかサーフィンしない。
そういう方は必要ありませんが、大きな波を乗れるようになりたいあなたは、ドルフィンスルーを是非マスターしましょう!

 

完璧を目指さない

大事なことがもう一つあります。

それは、完璧を目指さないことです。

上級者でも、サイズがあるときなど、押し戻されるときは、押し戻されます。

なので、初心者のときは押し戻されてもあまり気にせずに、どんどん回数をやっていくことが大事です。

 

まとめ

・パドリングでスピードを付ける
・まずノーズをゆっくり沈ませる
 少しノーズ側を持ち、力まず時間をかけ板を斜めにして沈ませる
・頭から潜る
 息を吐き、サーフボードで波を下からすくうイメージで潜る
・テールを沈める
 サーフボードに引っ掛けていない方の足で、上からくる波を蹴り上げる
・サーフボードに体を密着させて潜る
・浮上する

コメント

タイトルとURLをコピーしました